3次元測定での柔軟性

オートメーション向けヘキサポッドシステム

Dymaco Groupの寸法計測装置DM401シリーズは、自動車産業におけるヘッドランプのインライン自動寸法計測用の、非常にコンパクトかつ自由度の高いワークステーションです。ランプのCADデータをに基づき、初期キャリブレーションのための規定測定ポイントが定義されます。ランプは生産ラインから抜き取られ、6つの動作軸を持つ位置決めシステム上の検査装置に置かれます。測定はキャリブレ―ションデータに従い自動に完了され、測定対象は定義された位置に装置内で調整されます。位置決めは、すべての自由度において、非常に迅速かつミクロンレンジの高精度、高スループット率で終えられます。このタスクのために、同シリーズの測定装置は、PIのパラレルキネマティック ヘキサポッドロボットを採用しています。カスタマイズされたH-820ヘキサポッドは、全ての軸における理想的なダイナミック動作や総可動重量の小ささ、そして高剛性により、特筆すべき精度を提供します。

生産ラインでの柔軟性

ヘキサポッドを使用することにより、モーションロボティクスに必要な空間が最小化され、インライン式オートメーションにおける幅広い事例に対応できる優れた柔軟性を提供します。DMシリーズは、高い柔軟性、信頼性、シンプルさ、コンパクト設計でプログラミングの容易さに優れています。高精度でしかも高速であることは、DM401シリーズを自動測定において、理想的な選択しとして位置付けています。

パラレルキネマティックロボット

パラレルキネマティック多軸システムでは、すべてのアクチュエータがただ一つの可動プラットフォームに直接動作します。これは、すべての軸が理想的な動的特性で設計でき、運動質量を大きく減らせることを意味します。ヘキサポッドは、6自由度(すなわち3方向と3回転軸)全てに、移動や高精度位置決め、アライメントや荷重の調整に使用されます。

Dymaco社について

イタリア企業のDymaco Groupは、高度なオートメーション分野に特化しています。Dymaco社は、革新的な検査、試験、加工、組立システムの設計および生産に取り組んでおり、極めて幅広い分野で、世界中の企業の競争力を支えています。 Dymaco社の企業哲学は、自社内の装置開発能力を蓄積することであり、結果として、お客様に迅速に、製品やソリューションが提供でき、また更に、ヨーロッパ又は米国ヒューストンのNAFTAサービスセンターを通じて、お客様の直接サポートを保証しています。

お問い合わせ

担当者よりお問合せにつきまして、すぐにご連絡をさせて頂きます。