メカニカルエンジニアリング用ヘキサポッド

もし、メカニカルエンジニアリングの位置決めタスクに多軸システムが必要とされる際には、ヘキサポッドがよく使われます。利用分野としては、例えば電子部品生産現場でのハンドリングシステム、穴あけやミリングの精密機械加工機のツールの制御、車、航空機、重機の取り付け作業が挙げられます。

順応性と柔軟性

マザーPLCとCNCは、標準Ethernetインターフェースでリアルタイムにヘキサポッドシステムと通信することができます。それはまさに、インテリジェントドライバーのように振舞います。 もちろん、ヘキサポッドコントローラは、位置制御のマスターとして使用することができます。 が、しかしこの場合、ヘキサポッドの動作は、他の軸や測定系と同期することはできません。

マザーPLCが無い、あるいは同期の必要がない場合、ヘキサポットコントローラは、DIN66025/ISO6983に沿ったGコードに基づき、線形補間による軌跡を計算することができます。 したがって、ヘキサポッドは加工中に加工対象物やツールをスムーズに高精度で動かすことができ、メカニカルシステムが振動することはありません。

お問い合わせ

担当者よりお問合せにつきまして、すぐにご連絡をさせて頂きます。