電子スコープ内視鏡

電子スコープ内視鏡

チップオンザチップ内視鏡の画像情報は、内視鏡の先端にあるイメージセンサーを介して送信されます。これまで、これらの内視鏡は固定焦点光学系を使用しており、1つの物体距離のみに最適な表示を提供できます。ただし、オブジェクトが別の距離にある場合、画像のフォーカスが失われます。

小型ドライブ

光学系と画像処理チップの間にアクチュエーターを統合することにより、可変焦点を達成することが可能になり、腹全体または可変距離の物体を鮮明な焦点で表示することができます。直径10 mm以下の潜在的な設置スペースは非常に小さいです。最小のピエゾモーターと磁気ミニチュアドライブは、チップオンザチップ内視鏡の光学フォーカスとズーム機能の新しい可能性を切り開きます。

高解像度FSEのミニピエゾチューブ

小型化されたピエゾチューブがファイバースキャン内視鏡(FSE)で使用されてより多くの画像情報を提供し、内部疾患の診断と治療のための低侵襲医療手順を可能にします。

お問い合わせ

担当者よりお問合せにつきまして、すぐにご連絡をさせて頂きます。