顕微鏡検査および画像処理

イメージング プロセスは、医用工学から薬学研究および半導体まで、多くの分野全体で効率性を増加させます。干渉計または顕微鏡検査のような光学の計測学でよく知られている方法は、自動プロセスにしばしば適用されています。 超音波と磁気共鳴の技術は様々なビジュアル化タスクに理想的なものです。それらはすべて高速かつ正確なドライブ システムを要求します。これはアプリケーション次第で決まることですが、できるだけコンパクトなものにする必要があります。また強い磁界があっても高い信頼性で作動しなければなりません。圧電気のドライブ、スキャナ、およびポジショニング システムはここで有利な選択肢になります。

マイクロステッピング用高速ピエゾベーススキャナー
蛍光顕微鏡向けナノポジショニング システム
電子顕微鏡向けドライブ 位置決めシステム
医療工学向け共焦点顕微鏡