共焦点顕微鏡での焦点面の調整

高分解能3Dイメージング

共焦点顕微鏡法は生細胞イメージングで使用され、個々の細胞または細胞化合物を介して仮想3DセクションとZスタックを生成します。また、皮膚表面に近い病理細胞の変化のin vivo診断のための皮膚科でも使用されます。

ピエゾベースドライブソリューション

ピエゾベースの駆動ソリューションは、最大数百マイクロメートルの範囲で数ナノメートルの再現性で対物レンズを位置決めします。次に、個々の画像を重ね合わせて、高解像度の3D画像を作成します。

Zスタック、3D画像、およびセクションを作成するための正確なZ配置。
時間の経過とともに観察されるプロセスは、ミリ秒範囲の短い整定時間の恩恵を受けます。

お問い合わせ

担当者よりお問合せにつきまして、すぐにご連絡をさせて頂きます。

ダウンロード

パンフレット

Microscope Stage Configurator

Sample Stages and Holders for Inverted Microscopes
日付 / バージョン
BRO70E R3D
ドキュメントの言語 英語