- 会社 - Physik Instrumente (PI) GmbH & Co. KG

PI (Physik Instrumente) はスコット・ジョーダンをフォトニクス市場セグメントの長に任命

スコット ジョーダンは、PIGroupのグローバルな活動において、新たに定義されたフォトニクス市場セグメントのリーダーとなり、直ちに力を発揮しています。彼はこのコミュニティにおいて、強い情熱と取り組みにより、有名かつ高い評価を得ています。そして、その専門的知識により、彼はこのポジションに理想的な存在です。

シリコンフォトニクスは光情報の送受信の媒体として標準的なシリコン半導体を利用します。このために、電子コンポーネントに加え光コンポーネントもシリコン基板と統合されます。このようにして製造されたマイクロチップは、少ない消費電力と熱発生により1秒あたりテラビットのレートでデータを送信可能です。スコットはアメリカ人で、約20年間PIで働いています。彼は、NanoAutomationテクノロジーのディレクターとして活動しており、弊社の継続的な技術開発において重要な貢献をしてきました。彼は、シリコンフォトニクスがPIにとって何を意味するかを知っています。すなわち「シリコンフォトニクスは2つのテクノロジーの融合であり、PIほど、2つのビジネスセクターを組み合わせて優れたソリューションを見つけられる企業はありません」とスコットは説明します。PIは、この急速に成長中ではありますが、まだ非常に若い市場で活躍できると非常に有望な見通しを持っています。また彼は、単なる経済的な成功だけではなく、例えばヘルスケアなど、このテクノロジーで達成させる進化についても注目しています。だからこそ彼は「弊社は、テクノロジーと経済に関してのみ話をしているのではありません。生命について話をしているのです」と強調しているのです。

ダウンロード

zip

プレス情報キット - Scott Jordan