- その他 - Physik Instrumente (PI) GmbH & Co. KG

カールスルーエのPIテクノロジーセンターにて開催されたEPIC総会:世界各地のフォトニクス技術企業が交流

2018年5月22日~23日に、「光工学素子の製造、パッケージング、検査のオートメーション化」をテーマとする今年のEuropean Photonics Industry Consortium (EPIC)総会が、ドイツのカールスルーエにあるPI本社の新しいテクノロジーセンターで開催されました。2日間にわたり行われたこの総会は、高精度の製造ラインおよび検査ラインのオートメーション化に関心を持つ世界中の多くのフォトニクス技術専門家が交流を図る最適な場となりました。

本総会では全体として、光電子部品の製造、パッケージング、検査のオートメーションツールに関する15件の講演が行われました。技術に関する今後の議論や、とりわけ個人間での情報交換により国際的な連携が高まり続けていくことは間違いなく、この事業部門全体の利益となるでしょう。開催地となった新設のテクノロジーセンターには大規模なマルチメディア講堂、食堂、展示室が備わり、無事会を終えることとなりました。

 

PI社について

PI (Physik Instrumente)社は製品が高品質なことで知られており、長年にわたって世界的な高精度ポジショニング技術の市場において中心的な役割を担っています。40年にわたり、ピエゾドライブやモータードライブを使用した標準製品やOEM製品の開発、製造を行っています。多軸高精度駆動システム向けに世界的にトップレベルのモジュール式モーションコントローラーの開発、製造を行っているACS Motion Control社の主要株主となることで、当社は非常に高い精度やダイナミクスが求められる業界用途に対応した完全なシステムの実現に向けて大きな一歩を踏み出しました。PIグループはドイツ国内の4か所に加えて、世界各地で販売サービスを手がける15の子会社で構成されています。

 

www.pi.ws

ダウンロード

プレス情報 - EPICミーティング