- 会社 - Physik Instrumente (PI) GmbH & Co. KG

TEGEMAがPIテクノロジーを革新的なフォトニクスアセンブリプラットフォームパートナーシップに活用

オランダのシステムインテグレーターTEGEMAとPhysik Instrumente(PI)GmbH& Co. KGは、フォトニクス業界での組立およびパッケージング技術の自動化システムを開発するための協力を開始しました。

マイクロチップと比較すると、統合されたフォトニックコンポーネントの製造は、より複雑な決定的なプロセスステップ、つまり光ファイバーコンポーネントを接続するための結合技術です。例えば、個々のガラス繊維またはガラス繊維アレイ、チップ、VCSEL、レンズ、回折素子またはフォトダイオード。PIは、システムコントローラーに組み込まれた特別なファームウェアルーチンを備えた、この製造ステップのための高速で高精度の位置決めシステムを提供しています。これらはすでにフォトニックコンポーネントの開発に世界中で使用されており、パイロット生産にも使用されています

PIのフォトニクス市場セグメントの責任者であるスコットジョーダンは、次のように述べています。「TEGEMAは、長年の経験を持つ経験豊富なシステムインテグレーターです。」 TEGEMAのプロジェクトソリューションディレクターであるArno Thoerは、PIとの協力関係に満足しています。「アセンブリおよびパッケージング技術は、フォトニックコンポーネントの総コストのかなりの部分を占めています。PIがすでに実証済みのシステムは、このプロセスステップをさらに自動化するためのプラットフォームコンセプトの中心を形成しています。私たちは、このプロセスを大幅に高速化し、関連するコストを最小限に抑えて、フォトニクス業界がさらなる飛躍を遂げるのに貢献したいと考えています。” TEGEMAは、現在利用可能なソリューションよりも約10倍高いスループットで、フォトニックデバイスのアセンブリ用のモジュラープラットフォームを開発しました。最初のデモシステムは、概念実証としてすでに設定されています。組立プラットフォームは2020年4月末に発売予定です。

PI社について

PI社は、ドイツ カールスルーエに本社を持ち、ライフサイエンス、半導体製造、フォトニクス、産業オートメーションなどのハイテクビジネスセクターでの高精度ポジショニングの市場およびテクノロジーリーダーです。世界中のお客様と緊密に連携し、50年間PIのスペシャリスト(約1,300人)は、技術的に可能なものの境界を何度も押し広げ、カスタマイズされたソリューションをゼロから開発してきました。350を超える付与済みおよび申請中の特許は、イノベーションに対する同社の主張を強調しています。PI社は6つの製造拠点、15の営業支店をヨーロッパ 北アメリカ アジア地区に構えています。

TEGEMA社について

1976年に設立され、ブレインポートアイントホーフェンに位置するTEGEMAは、カスタマイズされた精密機械およびメカトロニクスの分野で40年以上の経験があります。TEGEMAは、100名を超えるエンジニアとコンサルタントが経験と最新のロボット工学、ソフトウェア、ビッグデータテクノロジーを組み合わせた学際的なシステムインテグレーターです。長年にわたり、同社は生産プロセスの開発と最適化に成長してきました。

フォトニックパッケージの一般的な要因は、最適化された光学スループットの観点から、自動化、高精度でのデバイスの配置、および整列された光学要素の恒久的な固定の必要性です。これは歴史的にTEGEMAの専門知識の強みです。同社は、自動化システム、ボンディング技術、および小型コンポーネントのマイクロ操作の開発と実現に関する幅広い知識と経験を持っています。

ダウンロード

その他

プレス情報 - TEGEMAがPIテクノロジーを革新的なフォトニクスアセンブリプラットフォームパートナーシップに活用