Platform and Motion Control Solutions for Laser-Based Cutting of SMD Stencils

より多くの機能を搭載し、同時に小型で軽量化を図る-これは、高度な通信技術の開発やハイエンドのデータ伝送を可能にするために、現代の電子部品組立が達成すべきことです。そして、すぐに大量に入手できなければなりません。

コンポーネントの組み立て工程にとって、これは次のことを意味します:より高い接続密度、より小さな接続面、設置スペースの縮小、より複雑なコンポーネント、そしてより高いスループット。これらの要件に加えて、長期的な信頼性と安定した品質が求められます。デバイス、機械、装置の性能は、コンポーネントアセンブリの機能に依存するからです。これは、部品組立製造におけるわずかな不正確さが、回路全体の誤動作につながることを暗に意味しています。

Surface-Mounting Technology

表面実装技術 (SMT) と呼ばれる方法で部品をプリント基板 (PCB) の表面に実装した場合、その機能は部品とPCBの接続面との間のはんだ付け接続によって決定されます。つまり、クリームはんだ印刷に使用されるレーザカットされたステンレス製ステンシルの幾何学的な形状は、実装された部品の性能を保証する上で決定的な役割を果たしているのです。

Gantry Systems and Intelligent Control Algorithms for Exact Shapes and High Process Speed

とても小さな開口部を1つのステンシルに複数を高密度に配置し、1時間あたり50,000カットを超える開口部のスループット要件を満たすためには、メタルステンシルの製造において最高のプロセススピード、精度、柔軟性が求められます。PIは、電子機器受託製造サービス(EMS)のマシンビルダがステンシルカット工程のパフォーマンスを向上させることをサポートするために、モーションプラットフォーム、ソフトウェア、制御のパワフルなコンビネーションを提供しています。例えば、ガントリシステムは、切断中のレーザの動作に大きな移動範囲と高速性を保証します。また、ステップステンシルでさまざまな高さでカットするために、微細制御により垂直方向の位置を調整することができます。制御アルゴリズムは、加工領域全体での一貫したパフォーマンスを保証し、また、高速でもカットの直交性を確実にするためにダイナミックなヨー補正を行います。

移動方向と速度に従いレーザ出力とレーザパルスの配置をダイナミックに調整することで、最小の開口部サイズや変化する切断速度においても最高の精度を実現します。

また、高度なCAD/CAMソフトウェアでは、ガーバーフォーマットを含むさまざまな図面データを取り込むことができます。

また、高度なCAD/CAMソフトウェアでは、ガーバーフォーマットを含むさまざまな図面データを取り込むことができます。

ステンシルレーザカットのプラットフォームとモーションコントロールソリューションの詳細を見る

当社のソリューションについて質問はありますか? 私たちの専門家が喜んでお手伝いします!

今すぐお問い合わせください!