Facilitating Underwater Communication via Sonar with Piezo Components for Demanding Hydroacoustic Applications

超音波は、イルカやクジラだけでなく、ソナー技術にも利用されています。ピエゾ素子は、ソナー機器の中で超音波を発生させたり、検出したりします。これにより、陸上での地理的なマッピングと同じように、海の底をスキャンしてマッピングすることができます。得られたデータは、ケーブルを使わずにリモートで簡単に送信できます。ソナー技術は、通信や自律型水中ロボットなどの海洋システムの制御に使用することができます。

ピエゾ素子は低周波を発生させるため、超音波は数キロメートルにもわたって伝わります。そのため、ピエゾテクノロジは、物体を検出するための方向探知用超音波ビーコンなどに適しています。このような要求の厳しいアプリケーションでは、チューブや半球などの特殊な形状を持つ、特に大きなピエゾセラミック部品が必要となります。

Learn more about our products for sonar applications here

当社のソリューションについて質問はありますか? 私たちの専門家が喜んでお手伝いします!

今すぐお問い合わせください!