Ultrasonic Vibrations Generated by Piezo Elements Ensure the Ultrafine Atomization of Lifesaving Medication

嚢胞性線維症や喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性疾患はもちろん、気管支炎やインフルエンザなども総合的な治療が必要です。医療用ネブライザは、薬を非常に細かく霧状にして肺の奥深くまで吸い込むことができるため、時には命に関わる肺疾患の治療を可能にします。従来、このような薬はジェットネブライザで投与されていました。この場合、加圧された空気が吸入液を微小な液滴にします。もう一つの方法は、ピエゾテクノロジを用いたメッシュネブライザと呼ばれるもので、微細なエアロゾルを発生させることができます。

ピエゾ式エアロゾル生成機能は、治療の成功の鍵となる薬の正確な投与に多くの利点をもたらします:高品質の薬をより的を絞って投与できます。メッシュネブライザは、ジェットネブライザに比べて、より多くの薬液を効果的に肺の奥まで吸い込むことができます。メッシュネブライザは効率が良いだけでなく、デバイス内に残る薬液の残量が少ないため、霧化に必要な高価な薬の量も少なくて済みます。そのため、副作用のリスクも大幅に軽減されます。

メッシュネブライザでは、特殊な形状のピエゾリングが超音波トランスデューサとなり、数千個の穴が開いた金属製の膜を高周波振動させます。この振動により、薬剤を加熱することなく、特に均質なエアロゾルを生成することができます。このプロセスでは、現代の医薬品のタンパク質構造は非常に複雑な場合もありますが、微粒子化の際に一度だけ膜を通過するため、低い剪断力しか受けません。そのため、これらの高分子は生物学的活性を維持しており、革新的な治療コンセプトにアクセスすることができます。

メッシュネブライザは、従来のシステムよりもはるかに短い時間で薬を霧状にすることができます。ピエゾ素子の高周波動作は人間には無音であり、また、ピエゾ素子の低エネルギ化により、バッテリ駆動の吸入装置への応用が可能となります。これは、特に頻繁に吸入しなければならない慢性呼吸器疾患の患者にとって、生活の質の向上を意味します。ピエゾセラミック部品は、医療技術がもたらす特殊な衛生要件にも対応しており、ピエゾ式エアロゾル発生器は専門家による洗浄に適しています。

当社のソリューションについて質問はありますか? 私たちの専門家が喜んでお手伝いします!

今すぐお問い合わせください!