ユーザープログラムとその機能

すべてのPIコントローラには、拡張ソフトウェアパッケージが付属しています。この付属のユーザープログラムを使用して、ユーザーはシステム全体を設定しパラメーター化することができます。モーションコマンドを実行したりさらに最適化したりするために、追加のプログラミングを行う必要ありません。直感で操作できるユーザーインターフェース、総合的なオンラインヘルプページ、グラフィックな視覚化、およびシンプルなオートメーション機能により、短期間で導入でき、トラブルなく利用できます。

PIMikroMove

PI製のすべてのポジショニングシステムは、PIMikroMoveで明確かつ快適にコントロールできます。駆動原理、軸の数や設定には左右されません。接続済みのコントローラと軸はすべて同一の視覚的なインターフェースに表示されます。複数の軸を、さまざまなコントローラーでコントロールし、同一のウィンドウからPIMikroMoveを使って制御できます。ポジションパッドを使用すると、複数の別々の軸のモーションをマウスやジョイスティックでコントロールできます。ベクトルモーションも可能です。

さらに、使い勝手の良い操作要素を使用すると次の便利な機能を利用できます。

  • システム分析のためのデータレコーダー
  • ユーザーが定義する定期的なモーションプロファイルを簡単に生成できるファンクションジェネレーター
  • パラレルキネマティックの位置の視覚化
  • コントローラーのマクロの追加機能として利用できるGCSベースのホストマクロ。構文は同じで、コントロールコマンドが増えます。1つのマクロで任意の数のコントローラーに対応可能
  • デジタルピエゾコントローラーのチューニングツール 
  • スキャニングウィンドウ。1つ以上の軸の位置に応じて、値(アナログ入力、デジタル入力、別の軸の位置など)の指定と表現が可能
  • 指定したデータ表現での高速アラインメントタスクをサポート

PITerminal

PITerminalは、GCSコマンドをコントローラーに直接送信できるターミナルプログラムです。お客様がプログラムを作成したアプリケーションで、コマンドを使って対話形式でやりとりするために使用できます。

データレコーダー

データレコーダーは、PIMikroMoveに統合された結果、データや測定値の分析を行う操作しやすいツールになりました。さまざまなデータソースのデータを保存し、時間関数としてデータを表示し、迅速な視覚化を実現します。

すべてのコントローラーが内部データストレージを備えています。そのため、非常に高速な操作でも正確なストレージが可能です。データソースおよびトリガーの種類は、PIMikroMoveのデータレコーダーウィンドウで楽に設定および選択できます。

典型的なデータソース:

  • 軸の指定された現在の位置
  • 指示された軸の速度と加速
  • 軸あたりのモーター出力量
  • ステータス情報
  • アナログ入力の入力量
  • システム関連の内部信号

 

保存され、測定された値は、PIMikroMoveのデータレコーダーウィンドウに即座に表示されます。優れた各種機能があるため、データの正確な分析と評価を直接実行できます。統合されたユーザーダイアログで、思い通りに直接操作できます。ステップ応答は記録され、グラフィカルに表現されるため、システムの動作を素早く分析し、ポジショニング動作を調整できます。

統合されている機能の例:

  • カーソルおよび測定機能
  • 最小の信号モーションにもアクセスできるズーム機能
  • フィルターおよび分析機能。FFT、代数、微分、統計など
  • カスタマイズ可能なデータ表現オプション
  • csvなどの一般的なデータ形式での記録データのインポートおよびエクスポート
  • グラフィックファイルへのエクスポートおよび標準プリンター出力

チューニングツール

PIのポジショニングシステムは、操作パラメーターが事前設定されて出荷されます。理想的なことに、この操作パラメーターは用途に応じて直前に決定されたものです。パラメーターは、ハードウェアに応じてコントローラーまたはIDチップに保存されています。また、PIMikroMoveを使用してパラメーターデータベースからパラメーターを呼び出すことができます。

通常、安定した操作を保証する操作パラメーターはすべてのシステムで利用できます。

次のツール群で、特定の使用要件に合わせたお客様固有の最適化がサポートされます。

 

データレコーダー

データレコーダーは、コントロールループの動作状態についての重要な情報を提供します。この情報には、最適なパラメーター化に必要な重要な基本データが含まれています。この目的で次の機能を利用できます。

  • クローズドループまたはオープンループ操作のステップ応答の記録
  • 信号の簡易分析(微分、2つの信号の差、FFTを使用した信号スペクトルの計算)
  • ピエゾアクチュエーターおよびピエゾシステム:ボード線図で転送機能を表示
  • ヘキサポッド:単一ストラットの転送機能を表示

 

ピエゾダイナミックチューナー

ピエゾダイナミックチューナーでは、システムの周波数とステップ応答を指定でき、コントローラーのサーボパラメーターを設定できます。ユーザーはコントロールパラメーターを設定して、各システムの応答を監視できます。システムを適切に評価できるように、システム励起とデータ記録の種類を設定できます。ピエゾダイナミックチューナーの多様かつ強力な機能は、統計分析、整定時間の指定、測定データのインポートおよびエクスポートに対応してしています。

  • ピエゾステージ対応のカスタマイズソリューション
  • パラメーターをコントロールおよびフィルターする直接アクセス
  • サーボコントロールパラメーターの計算をサポート

ファンクションジェネレーターと周波数ジェネレーター

ファンクションジェネレーターを使用する多くのコントローラーでは、ポジショニング値を内部テーブルに保存でき、保存した値を1度またはリアルタイムで周期的に実行できます。このジェネレーターでは、湾曲、傾斜、のこぎり歯などの事前定義されたモーションフォームだけでなく、ユーザーが定義した軌道点を指定することもできます。使用例には、ダイナミック動作分析、スキャン、かくはん器などの用途があります。

ユーザーが事前に持っている知識に応じて、ホストソフトウェア側でファンクションジェネレーターツールまたは周波数ジェネレーターツールを利用できます。