ピエゾチューブアクチュエータ

低荷重での半径方向、軸方向、XY方向の変位

ピエゾチューブシリーズのピエゾセラミックチューブアクチュエータはモノリシックのアクチュエータであり、内側の電極と外側の電極の間に電圧を印加するとすぐに半径方向および軸方向に伸縮します。ピエゾチューブアクチュエータは走査型プローブ顕微鏡で多く使用され、オープンループ動作によりダイナミックな走査モーションを実現しているほか、ファイバーストレッチャーでも使用されています。また、ナノリットルポンプでのマイクロドージングやインクジェットプリンターでも使用されています。

ピエゾチューブアクチュエータは厳格な公差(0.05 mm)で製造しています。直径は最小で0.8 mmまでご用意しております。

カスタマイズ

弊社では、さまざまな形状のピエゾチューブアクチュエータを生産しています。それぞれの用途に最適に合わせた設計を行っており、ご要望に応じカスタマイズ製品を提供しています。

応用事例およびマーケット

  • 顕微操作
  • 走査型顕微鏡(AFM、STMなど)
  • ファイバーストレッチャー

Ask an engineer!

Quickly receive an answer to your question by email or phone from a local PI Ceramic sales engineer.

ダウンロード

Catalog: Piezoelectric Actuators

Components, Technologies, Operation
バージョン/日付
CAT128 R2
バージョン/日付
CAT128 R2
ドキュメントの言語

Catalog: PI Piezoelectric Ceramic Products

Fundamentals, Characteristics and Applications
バージョン/日付
CAT125
バージョン/日付
CAT125
ドキュメントの言語