Performing Gentle Interventions with Power Ultrasound Driven by Piezo Technology

超音波で操作するハンドピースは、開腹手術や低侵襲手術など、医療の現場で使用される機会が増えています。   超音波メス、ファコハンドピース、スケーラなどの機器は、音響波を利用して、硬い組織や柔らかい組織の処理を容易にします。超音波は、追加のショックやキャビテーションによって機械的処理をサポートします。選択された動作周波数に応じて、組織をより速く、また選択的に処理することができ、例えば、周辺の血管を回避することができます。

筋肉などの軟部組織を処理する際には、超音波を目的に応じて発生させることで、手術器具の刃を非常に高い周波数で定義された正確な方法で振動させることができます。組織と手術器具の摩擦により発生する熱を利用して、組織を素早く切断し、同時に凝固させます。これにより、大量の出血を防ぎ、止血を促進することで、周辺組織への外傷が少なくなり、治癒が促進され、患者の回復も早くなります。さらに、キャビテーションと音波の力を利用して、歯石や腎臓結石などの硬い塊を砕いたり、白内障手術(超音波乳化術)や傷口の洗浄など、対象を絞った低侵襲な方法で組織構造物を液化して吸引したりする分野にも応用できます。

ホワイトペーパー

Piezo Handpieces for Ultrasonic Surgery

Minimally Invasive Procedures with Gentle Instruments

日付 / バージョン
WP4034 2021-01
pdf - 473 KB
日付 / バージョン
WP4034 2021-01
pdf - 487 KB

Learn more about our products for power ultrasound handpieces here

当社のソリューションについて質問はありますか? 私たちの専門家が喜んでお手伝いします!

今すぐお問い合わせください!