プログラミングサポート

お客様は、すべてのPIコントローラをアプリケーションとシームレスに統合できるように、独自のプログラムをプログラミングしたり適用したりできます。この目的で、カプセル化された関数呼び出しの形でコントローラーにアクセスできる、さまざまなライブラリーとドライブバーを利用できます。コントローラーへの接続とコントローラーとの通信はわずかな作業で確立できます。コントローラーの通信インターフェースは問いません。

PIコントローラーの総合的なソフトウェアパッケージでは、次のような一般的なプログラム言語に対応するライブラリーとドライバーを利用できます。

  • C、C++、C#、VB.NET
  • Python
  • MATLAB
  • LabVIEW

 

Visual Basic (VB)やDelphiなどのあまり一般的ではないプログラミング言語については、カスタムソリューションについてPIにお気軽にお問い合わせください。

コントローラーによっては利用できない機能があります。詳細については、該当する製品のデータシートをご覧ください。

C、C++、C#、VB.NET

C、C++、C#、VB.NETなどのテキストベースの言語では、適切なプログラムからPIコントローラーを制御できるAPIを利用できます。このAPIは、32/64ビットのWindows、Linux、OSXオペレーティングシステムのダイナミックライブラリーとして利用できます。各開発環境への接続も容易です。

サポートされているすべてのプログラミング言語に対応する完成例(「サンプル」)が含まれていて、これらを即座に組み立てることができます。「サンプル」には、コントローラーとの接続や基本的な通信などの最初のステップに加えて、さまざまな軸を扱う拡張機能も含まれています。ファンクションジェネレーターとデータレコーダーの使用もその一例です。ご要望があれば、「サンプル」をお客様固有の問題やサポートされていないプログラミング言語に対応させて設計することができます。

Python

PCに接続せずにコントローラーが単独で実行しなければならないもっと複雑なタスクでは、Pythonベースのスクリプトを使用できます。この目的で、PIはPythonを使用してPIコントローラーを直接コントロールできる、Pythonモジュールのコレクション、PIPythonを提供しています。そうすることで、このプログラミング言語の能力が、PI独自のGCSコマンドの柔軟性と融合します。さらに、PIPythonにはさまざまな便利なサポート関数が付属しています。

PIPythonはPython 2.7またはPython 3.4から使用でき、Pythonをサポートするすべてのプラットフォームで動作します。追加関数の中には、Windows、Linux、OS Xなどの標準的なオペレーティングシステムでしか利用できないものがあります。

Pythonのコマンド例

from pipython import GCSDevice
pi_device = GCSDevice ()
# PI Pythonライブラリーをロード
pi_device.ConnectUSB ('123456789') # USBを介してコントローラーに接続
pi_device.SVO ('A', 1) # 軸「A」のサーボコントロールをオン
pi_device.MOV ('A', 3.142) # 軸「A」に位置3.142を指示
position = pi_device.qPOS ('A')# 軸「A」の現在の位置を問い合わせ

MATLAB

 

PIコントローラーは、PIのMATLABドライバーを使用して、MATLABで直接コントロールできます。この目的で、MATLABツールボックスを追加する必要はありません。Windowsインストーラーからは容易にアクセスできますが、Linux版インストーラーはご要望に応じて対応します。PIはMathworksの接続パートナーなので、MATLABユーザーのためにPIの各種製品をMATLAB環境に高い技術で統合します。

LabVIEW

PIのGCS LabVIEWドライバーセットでは、お客様固有のアプリケーションに対応するプログラミング言語としてLabVIEWを完全にサポートします。完全なドライバーパッケージと、使い勝手の良い設定VIを含む実践的なサンプルを提供します。

ドライバーセットのほぼ全体が純粋なLabVIEWコードとNI-VISA通信をベースとしています。プラットフォームには依存せず、接続されたポジショニングステージの種類を問わずすべてのPIコントローラーをサポートします。実際の設定以外のすべてのVIはオープンソースであり、総合的なオンラインヘルプが含まれています。ドライバーセットにはサポート範囲が広い下位互換性があるため、お客様のアプリケーションの持続可能性が保証されます。

PIはNational Instrumentsの製品アライアンスパートナーです。そのため、PIの開発者は常に高品質な解決策と最新の知識を確実に身に付けています。

デバッグ能力

エラーを調査する際に開発者をサポートする、マクロ、スクリプト、またはプログラムのデバッグ用ツールがあります。PIのPCソフトウェアであるPIMikroMoveは、GCSマクロのデバッグプロセスをサポートします。このツールでは、マクロはPC上で動作し、含まれているコマンドがコントローラーに1つずつ送信されます。変数名を読んだり、論理フローをテストしたりなどさまざまなことができます。

一部のコントローラーは、コントローラーそのもので動作するPythonスクリプトを処理できます。この場合は、クロスデバッグが可能です。つまり、スクリプトはコントローラー上で動作しますが、開発者はPCで作業してPCからデバッガーを操作します。

さらに、すべてのPIユーザープログラムは、プログラミング言語のライブラリーとドライバー同様、ロギング機能を備えています。コントローラーとの通信はタイムスタンプ付きでロギングされるため、時間を追って動作を分析できます。